アナログ回路設計コンサルタント 株式会社e-skett

アナログ電子回路設計に関する技術コンサルティングのご用命は株式会社e-skett

〒253-0012 茅ヶ崎市小和田三丁目8番-12-611号

How to use e-shunt

How to use e-shunt

開発途中のため、内容は随時変更されます。

e-shuntは血管狭窄音を視覚的に学習するためのアプリです。

できること

  • 音の周波数成分を見る(高い音、低い音の大きさを表示します)
  • 音の波形を見る
  • 血管狭窄音有無の事例の音を再生する。
  • 録音する
  • 再生する
  • 録音ファイルをメールで送る
  • メールで送られた録音ファイルを取り込む
  • 外観を変更する

その他、研究用に、周波数成分をCSVファイルとして出力する機能や、高音と低音の比率をバーグラフ表示する機能があります。

図1がメインメニューです。

       図1

メインメニューで閉じるボタンを押すと、図2のようなメイン画面が表示されます。

       図2

メインメニューで「詳細設定ボタン」を押すと図3のような設定画面が表示されます。

       図3

メインメニューで「録音ファイル一覧」ボタンを押すか、メイン画面でファイル名欄をタップすると図4のようなファイル一覧画面が表示されます。

        図4

ファイル一覧画面で、ファイルを選択してから「メール」ボタンをタップすると、図5のようなメール送信画面が表示されます。
送付先アドレス、タイトル、本文はあらかじめ規定値が入力済みなので、そのまま「送信」ボタンを押すだけでメール送信ができます。


        図5

このように送信した音声ファイルは、iPhoneのメールアプリを使用して、e-shuntに取り込むことができます。
iPhoneのメールアプリで受信したメールの添付ファイル(cafファイル)をタップすると、図6左のような画面になります。
その左下のボタンをタップすると、図6右のような画面になるので、e-shuntを探してタップすると、添付ファイルがe-shuntに取り込まれます。

図6

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像ファイル添付 (JPEG only)